「なりたいボーイ、狂わせガール」が思っていたのと色々違ってた

奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール」を観てきた。
率直な感想としては「自分的にはイマイチ」でした。

ちなみに僕は原作者の渋谷直角氏のけっこうなファンだ。
どこくらいのファンかというと写真集「君になりたい」と「relax library_006 『RELAX BOY』(2002年に発売したオリジナル版」)以外に出版されたものはほとんど持っているつもりだ。『カフェでよくかかっているJ-POPのボサノヴァカバーを歌う女の一生』は50部だけ作られたZINEも持っていたりする。

そして大根仁監督の作品も「モテキ」「まほろ駅前番外地」「リバーズエッジ大川端探偵社」そして「ハロー 張りネズミ」は観ている。とても才能がある人だと思う。さすが堤幸彦監督(と秋元康)に見出された逸材だと。

だからなんでこの作品を観てに腑に落ちないのかなと思っていたところ、フイナムの記事を読んでなるほどと思わされた。

大根監督曰く「いかに希子ちゃんを可愛く、エロく撮るかがテーマだった」。

この映画は確かに水原希子という女優をとにかくエロく撮れている。彼女の身体は現実感がないほど美しく、妖艶に映り、何度か勃起してしまった。

また、「奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール(完全版)」のヴレッジバンガードでの購入特典で特別音声を聞くことが出来たのだが、原作者の渋谷氏曰く「不倫・浮気相手と観に行くのがオススメ」と言っている。実際に観てみるとわかるのだが「とにかくキスシーンが多い」ので、鑑賞後に「いや〜、キスしたくなちゃったね」なんて、とっても言いやすい映画になっていることは絶対保証出来る作品だ。(この時点である意味評価すべき作品なのかもしれない)

つまり、この映画は「エロい感じに女の子を撮れている恋愛(まぁ魔性の女に溺れる男たちの)話」としては立派に確立している。

しかし、原作の漫画が好きだった(しかもrelax世代でサブカルを引きずる)僕としては違う部分にもこだわって欲しかったというのが正直なところだ。「こうして欲しかった」と思う僕のボヤキが3つある。

1)サブカル感やライフスタイル感のディティールの言葉でもっと埋めてほしかった。
渋谷直角作品(というか渋谷直角という人は)いわゆる「スノッブな人種」に苦手意識があるのか悪意があるのか「こーゆー業界人いるよね」「カテゴライズされた勘違いな人」などを痛々しく書くことがとても上手な人である。

その描写にリアリティーを出すために「カルチャー」「ライフスタイル」に関する「言葉」や表現を渋谷氏が的確にエディット出来る才能があるから多くの人に刺さるはずだ。

映画の中でも「ディアンジェロのライブ観に行った?」とか「クライアントに謝りにいくお土産どうします?」「瑞穂の豆大福はどうですかね?」といった「カルチャー・ライフスタイル知識」な言葉はそこそこ作品内に出てきているのだが、もっともっと小ネタを敷き詰めて、主人公の勤める「ライフスタイル誌の編集部」を鼻持ちならないオシャレな雰囲気にするなどのディティールで唸らせてほしかった。例えば、「業界ぶったスカしたムカつく奴」みたいな登場人物が出てくるとか。

2)見せ場である「ヒロインを取り合う男たちの対決シーン」があっさりしている。
男と女の修羅場のシーンになり、映画の中でも緊張感が高まるのだが、漫画の激しいバトルシーンとはうって変わってあっさりとこのシーンは終了してしまう。ほぼバトルはしていない。

ドラマ「ハロー 張りネズミ」の中では森田剛がかなり激しいアクションシーンを魅せてくれていたこともあり、盛り上がるシーンなのではないかと期待していたのだが。

3)奥田民生感がない
ここは決定的と感じているのだが、主人公は「民生みたいになりたい」「民生だったらどうするのかなぁ」とはいうのだが、「民生に対する憧れ」が思ったより伝わってこないのだ。奥田民生本人が映画に出て動いてくれれば最高なのだが、それは難しいとしても「タイトルに名前出してしまっている」ため、残念な感じが否めない。

と、勝手な意見をつらつら書いてしまったのだが、僕は映画の感想をブログに書く人種は「世の中でも一番暇なんじゃねぇか」と軽蔑している。(←何様だ。そしてこのブログで映画の感想は以前にも書いている。)

この映画に関して、僕は一つだけ「えー、これってどういうこと?」と疑問に思っていて、観た人はどう思っているのかなということがあり、それを書きいためだけにここまでの駄文を書いた。(以下は完全なネタバレになります)

 

 

 

 

 

最後のシーンは3年の時が過ぎ、コーロキ(安野丈)と美上ゆうの再開のシーンがあるのだが、美上は「今日は遅いの?」とコーロキに聞き、「遅くなる。冷蔵庫にミートローフがあるからね」と伝えるシーンがある。


「コーロキと美上は同棲している」設定なのだろうか?

そうだったら面白い・・・。

漫画のオリジナル版、完全版とも違う結末がこのシーンだけは作られている。

この点だけはは気になってしまい、散々文句を書いたがこの映画に「してやられたな」いるのかもしれない。

最近気づいたこと(幸せな方のやつ)

ずっとカップうどん・カップそばに関しては「赤いきつね」「緑のたぬき」と「マルちゃん派」を貫いてきたのだが、おっさんになって改めて「どん兵衛食べてみたら超うまい」という幸せの発見出来たこと、そしてこの思いを共感できる人と仲良くなりたいんだなぁ。

TV観てて思ったこと

今月頭に録画した「ものまねグランプリ日本テレビ)」を観てみた。

日テレのものまね番組って今まで見たことがなかったのだけど、「ものまねレジェンド」として(昔のフジの「ものまね王座決定戦」で言う「ものまね四天王」的なポジションの人数が増えた感じ?)コロッケ、ホリが出ていると聞き、観たのだがなんというか「ぬるい感じの空気感」というのだろうか、全然乗りきれなかった。

その中でも名前の知らないものまねの人だったのだけど、唯一ハマったのが堂本剛さんのものまねの方。(むらせというTOKIO松岡さんのものまねをする人に混じって出ていた。)

f:id:adult-ok:20160422231939j:plain

「雨のメロディ」というKinKi Kidsの名曲に乗せて出てきた誇張された「出落ちぽっちゃり感」が悪意があってイイ。ものまねする側が「本人からクレームが来るんじゃないか」という覚悟の上でやるものまねは時に人を魅了する。

 

僕としては敬愛するホリにはまたキムタクでガンガンせめて欲しいんだけどなぁ。

 

僕はTVっ子として育ってきた世代なので「民法TVはもうつまらない」と言う気はさらさらない。確かに「表現の規制」は厳しくなってしまったが(これはTVだけではないし)探せば優れた番組は沢山あると思っている。

 

話は飛んでしまうのだが、通常のTVを観ていると食傷気味になることは少なくなく、「カルチャーよりの映像を見たい」と思う心は昔MTVを観たかった頃と変わらない。

昨年度の話題の映画「MADMAX」が配信されて、「1ヶ月は無料」ということで遅ればせながら「Netflix」を試してみたんだけど、独自っぽいラインナップがあり、結構イイ。

 

【ビーツ、ライムズ・アンド・ライフ ~ア・トライブ・コールド・クエストの旅~】

f:id:adult-ok:20160425213910j:plain

※よく見えない画面キャプチャで恐縮なのだが舞台裏でQ-Tipとファイフ

先月、ファイフ・ドーグが亡くなってしまったこともあり、いい加減見ようと思ってたドキュメンタリーが配信されていた。ATCQの成り立ちは勿論、後半は解散から2010年のサマソニの頃までのQ-Tipとファイフの愛憎関係を観ることが可能。「ああ、もうファイフはいないのよね…。」と改めて実感した。
(この作品でATCQはもう一枚アルバムリリースする契約があるとのことなのだが、どうなるのだろう。「THE LOVE MOVEMENT」が発表されてから、今年で18年が経った…。)

【PLANB:true】

f:id:adult-ok:20160425213818j:plain
※デッキ大破の1秒前。飛ぶよね~。

スケーターブランドによる作品。出演者がなんか生き生きしている作品。完全に自分の趣味・趣向ですが。

音楽やストリートカルチャー寄りの映像作品はなかなか見る機会が限られてしまうのでこの配信には感謝!もっとこのような配信が増えてくれれば、月額1000円は喜んで払いたいけど、どんなんだろう。とりあえず期待。

学園祭に一瞬だけいた男

大学生の時に自分の大学の学園祭に行ったときの話。

自分の中では「黒歴史」としているのだが、当時の僕は「テニスサークル」に所属しており、だいぶ前から嫌気が指しているんだけど抜けれてないという状況で、学園祭にサークルが出す出店の準備のため、学園祭が始まる少し前に学校の正門の前を通りかかった。

 

今思うと「早すぎたスポンジボブのような奴が立っていた。

f:id:adult-ok:20160407234719g:plain

段ボールから手と素足が出ている。一瞬でその下は素っ裸なんだろうなと容易にわかった。

段ボールから出た顔の上には「ちこ屋」とだけ書かれており、全面の腰の辺りには鳩時計で鳩が出てきそうな小窓がついていた。

 

恐る恐る「あの『ちこ屋』ってことは…」と声をかけると、ちこ屋は「良かったら覗いていってください!」と爽やかに答えた。

 

「いいの…?」と念のため再度確認をすると
「ち●こ屋っすから!」とちこ屋はとびきりの笑顔で答えてくれた。な前田慶次みたいに爽やかな奴だった。

 

小窓を覗くと僕のものと似たり寄ったりの特別大きくもない一物がだらりとぶら下がっていた。僕は朝から笑顔になった。

 

その後、友人に「すごい奴が朝正門の所にいた」と話したがちこ屋を見かけたという人に会うことはなかった。

 

仕事をするようになり、広告業界の片隅で僕は働くようになり、多少なりともエンターテイメント的な事柄に携わったりすることがあるのだが「人を笑わす」ということは非常に難しいと感じることが多く、その度「ちこ屋」のことを思い出す…。わけはない。

 

しかしながら「一日の間に何かしらアウトプットしよう」と試しに付箋に絵を描いてみたら、こいつを描いてしまったのでそんなことを思いだしました。

 

学生の頃って変な奴いっぱいいたけど、みんな元気かなぁ。

半ケツ

今更「Buffalo '66」を初めて見た。

開始5分以内に僕らのヴィンセント・ギャロが股上浅いボトムスはいてるらしく、ケツの割れ目を出てるんだけど「やっぱかっこいい漢だと割れ目出しても許されるよね」と思わされた。

f:id:adult-ok:20160318001332p:plain

想像してみよう。会社一の美丈夫の彼の半ケツ・・・。
ないなー。気持ち悪いしイラッとくるし「ワレメチンポ」とか陰口叩くわ。俺。
西洋人だと半ケツでも許されそうね。世界は広いなぁ。

DMM.comにお金を払う日は意外と近い

年明けてから、「怪我」「インフルエンザ」にはじまり、
全く思ったように物事が進まず、2ヶ月が過ぎました。

「死にたいなぁ…。」と思うことしばしば。
(全然しにたくないけど)

辛いことがあると(なくても)この1年ほど
セクシー女優の由愛可奈ちゃんのインスタを見続けています。

f:id:adult-ok:20160302211624j:plain

www.instagram.com


※サービスショットも多いから、人に覗かれない場所で見ようね。

由愛可奈ちゃんって1993年生れとすると23歳なわけで
一回り以上離れた僕のようなオッサンはドキドキしてしまい、
先週から彼女を含めたセクシー女優たちが出ている
「マスカット」という番組はレコーダーのシリーズ録画になりました。

Instagramで息子の写真に「いいね」をもらった時は嬉しかったなあ…。
きっと、息子も大きくなったら喜ぶよ。美人って良いよね。

僕はInstagramはほぼセクシー女優しかフォローしてないので
とても楽しく利用してます。
自分ではほぼ写真はアップせず、
セクシー女優様のサービスショットに「いいね」し続ける日々。
ただ、Facebookとの連携は最初に切っておけば良かったけど。

でも由愛可奈ちゃんを知れただけでも
Instagramやってて良かったよ。
DVD買うよ。