「なりたいボーイ、狂わせガール」が思っていたのと色々違ってた

奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール」を観てきた。
率直な感想としては「自分的にはイマイチ」でした。

ちなみに僕は原作者の渋谷直角氏のけっこうなファンだ。
どこくらいのファンかというと写真集「君になりたい」と「relax library_006 『RELAX BOY』(2002年に発売したオリジナル版」)以外に出版されたものはほとんど持っているつもりだ。『カフェでよくかかっているJ-POPのボサノヴァカバーを歌う女の一生』は50部だけ作られたZINEも持っていたりする。

そして大根仁監督の作品も「モテキ」「まほろ駅前番外地」「リバーズエッジ大川端探偵社」そして「ハロー 張りネズミ」は観ている。とても才能がある人だと思う。さすが堤幸彦監督(と秋元康)に見出された逸材だと。

だからなんでこの作品を観てに腑に落ちないのかなと思っていたところ、フイナムの記事を読んでなるほどと思わされた。

大根監督曰く「いかに希子ちゃんを可愛く、エロく撮るかがテーマだった」。

この映画は確かに水原希子という女優をとにかくエロく撮れている。彼女の身体は現実感がないほど美しく、妖艶に映り、何度か勃起してしまった。

また、「奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール(完全版)」のヴレッジバンガードでの購入特典で特別音声を聞くことが出来たのだが、原作者の渋谷氏曰く「不倫・浮気相手と観に行くのがオススメ」と言っている。実際に観てみるとわかるのだが「とにかくキスシーンが多い」ので、鑑賞後に「いや〜、キスしたくなちゃったね」なんて、とっても言いやすい映画になっていることは絶対保証出来る作品だ。(この時点である意味評価すべき作品なのかもしれない)

つまり、この映画は「エロい感じに女の子を撮れている恋愛(まぁ魔性の女に溺れる男たちの)話」としては立派に確立している。

しかし、原作の漫画が好きだった(しかもrelax世代でサブカルを引きずる)僕としては違う部分にもこだわって欲しかったというのが正直なところだ。「こうして欲しかった」と思う僕のボヤキが3つある。

1)サブカル感やライフスタイル感のディティールの言葉でもっと埋めてほしかった。
渋谷直角作品(というか渋谷直角という人は)いわゆる「スノッブな人種」に苦手意識があるのか悪意があるのか「こーゆー業界人いるよね」「カテゴライズされた勘違いな人」などを痛々しく書くことがとても上手な人である。

その描写にリアリティーを出すために「カルチャー」「ライフスタイル」に関する「言葉」や表現を渋谷氏が的確にエディット出来る才能があるから多くの人に刺さるはずだ。

映画の中でも「ディアンジェロのライブ観に行った?」とか「クライアントに謝りにいくお土産どうします?」「瑞穂の豆大福はどうですかね?」といった「カルチャー・ライフスタイル知識」な言葉はそこそこ作品内に出てきているのだが、もっともっと小ネタを敷き詰めて、主人公の勤める「ライフスタイル誌の編集部」を鼻持ちならないオシャレな雰囲気にするなどのディティールで唸らせてほしかった。例えば、「業界ぶったスカしたムカつく奴」みたいな登場人物が出てくるとか。

2)見せ場である「ヒロインを取り合う男たちの対決シーン」があっさりしている。
男と女の修羅場のシーンになり、映画の中でも緊張感が高まるのだが、漫画の激しいバトルシーンとはうって変わってあっさりとこのシーンは終了してしまう。ほぼバトルはしていない。

ドラマ「ハロー 張りネズミ」の中では森田剛がかなり激しいアクションシーンを魅せてくれていたこともあり、盛り上がるシーンなのではないかと期待していたのだが。

3)奥田民生感がない
ここは決定的と感じているのだが、主人公は「民生みたいになりたい」「民生だったらどうするのかなぁ」とはいうのだが、「民生に対する憧れ」が思ったより伝わってこないのだ。奥田民生本人が映画に出て動いてくれれば最高なのだが、それは難しいとしても「タイトルに名前出してしまっている」ため、残念な感じが否めない。

と、勝手な意見をつらつら書いてしまったのだが、僕は映画の感想をブログに書く人種は「世の中でも一番暇なんじゃねぇか」と軽蔑している。(←何様だ。そしてこのブログで映画の感想は以前にも書いている。)

この映画に関して、僕は一つだけ「えー、これってどういうこと?」と疑問に思っていて、観た人はどう思っているのかなということがあり、それを書きいためだけにここまでの駄文を書いた。(以下は完全なネタバレになります)

 

 

 

 

 

最後のシーンは3年の時が過ぎ、コーロキ(安野丈)と美上ゆうの再開のシーンがあるのだが、美上は「今日は遅いの?」とコーロキに聞き、「遅くなる。冷蔵庫にミートローフがあるからね」と伝えるシーンがある。


「コーロキと美上は同棲している」設定なのだろうか?

そうだったら面白い・・・。

漫画のオリジナル版、完全版とも違う結末がこのシーンだけは作られている。

この点だけはは気になってしまい、散々文句を書いたがこの映画に「してやられたな」いるのかもしれない。

最近気づいたこと(幸せな方のやつ)

ずっとカップうどん・カップそばに関しては「赤いきつね」「緑のたぬき」と「マルちゃん派」を貫いてきたのだが、おっさんになって改めて「どん兵衛食べてみたら超うまい」という幸せの発見出来たこと、そしてこの思いを共感できる人と仲良くなりたいんだなぁ。

「買わない」って選択の人の方がロジカルで自由で素敵だった話

「賃貸か持ち家か」 それなりの歳になるとどちらを選択するかの話が出てくる。 人は安定がない状態に不安を感じる。 故に人(日本人?)が「家」を欲しがる気持ちはわからんでもない。 (大体の場合女が家を欲しがりっているのではないかと個人的には思っている。)

  • 「素敵な庭にしたい。(カスタマイズが可能)」
  • 「今より家賃が安くなる」
  • 「子供に残してあげたい」

買える奴は好きに買えば良い。 ただ、それが理由で今後の人生を「(自分が)死んだら、住宅ローンはチャラになるので(笑)」みたいな事をヘラヘラ笑いながら生きたくない。

先日、職場の飲み会で「家を買った(ついでに外車も)」という奴の話をしたところ、「爺になっても駐車場でバイトをしなければならない」「戸建てにしたので(マンション発生する)修繕費がかからないから、壊れても我慢すれば良い」といった感じで全くもってその選択のどこが良いのかわからなかった。

そして自分より給与が低そうであること、現状DINKSであるため、ブランドものの服を着る「子供が産まれた後に夫婦が2馬力で稼げなる」ことがイメージ出来てない事が容易に分かった。(端的に言うとあまり頭が良くなさそう)

俺は数年前にやはり「子供に家を残してあげたい」と希望する妻をなんとか説得した。その後子供が産まれ、そして増え、不安も多少あるが家は買わなくて正解だと思った。家族と暮らしていければ、楽しいからだ。

だが「マイホーム信仰」がまだまだ続く中不安になったりする。そんな時に心強い「家を買わない」という選択をした人々の言い分の方が素敵だったのでここに下記する。

 

・野村訓市氏(編集者)
「理して買ったちっぽけなマンションや家に自分の妄想を詰め込んで、わけのわからんライフスタイルのモデルルームのような家に住む。それでもってそのローンを一生払う。男なら、理想はもっと高く持つべきだ。(中略)金がなくなったら、払えるだけの家賃の物件のあるどこか田舎なりに引っ込めばいいのだ。」

ローリングストーン日本版2016年6月号掲載  連載:A Hotel with No Name/ 野村訓市 stay.001 チェルシーホテル

・経営者N(銀行出身、数々の会社を起業、住まいは赤坂ツインタワー)
「収入を増やすことだけではなく、出費を抑えることも考えていきなさい」

・経営者O(IT企業代表、東京と地方の多拠点ワークし、現在は地方に住んでいる)
「弊社では自由なワークスタイルを推奨している。仕事も住む場所も自由だ。」

・友人S(ベトナムにて起業したため)
「日本でどこに住んでも一緒だろ?」

・友人(プラント・エンジニアリング企業勤務)
地震が来たら終わりじゃん」

・友人O(マーケティング、ライティングのクリエーター)
ミスチルの歌詞みたいな事言っている奴は死ね!」

 

かの松尾芭蕉は「奥の細道」の旅に出る前に庵を処分したという。 人生は何が起こるかわからないし、なんとかする方法を探そう。 だから余計なものは持たず、身軽に動こう。

HUAWEI P9の画面を早速割りました

leicaのカメラが面白いスマホなのよね。普段使いはiPhoneなんだけど。」

数少ない愛聴ラジオ番組である「JUN THE CULTURE」で藤原ヒロシ氏が最近買ったものとして紹介していたのがHuaweiのR9というスマホだった。

池上彰藤原ヒロシの言うことは間違いない!!」

そんな偏った価値観を持つ僕は次の日にはビックカメラでP9の実機のカメラ機能を試し、「コレだ…。」と何もわかってないのにわかったような気分になり、結構すぐ買った。

今までiPhoneしか触ったことがない僕にとってこのP9がAndroid端末として使いやすい端末かどうかはわからないのだが使いづらくはない。カメラは評判通りの表現力だし、ウォーターマークも入れることが出来たり面白い。CMには大好きな女優のスカーレット・ヨハンソンも出演。とても気に入った。

そして満を持してsimも買った。
めんどくさかったけど、アプリケーションもiosから移行完了した。

その矢先、道路に画面を叩きつけてその上自分の足で踏みました。
スマホの画面を割るの初めてだけと、気持ち良いくらい結構割れた。

f:id:adult-ok:20170118182008j:plain

ランニングする時に「Nike+ Run Club」というアプリを利用していて、いつもはiPod touchwifi飛ばして利用していて満足していたのだが、「試しにP9持ってランニングしてみよう」と思ったその日の出来事でした…。トホホ。
購入して約二ヶ月で不足の自体に。

画面割ってみてわかったんだけど、「画面が割れたスマホを持っているのを人に見られる」ということが自分に取ってはとても恥ずかしいことだとわかった。

「とにかく人にバレたくない…」

翌日、Web業界に従事している自分としては業務でのスマホの検証を私物で済ましてしまうことが多いのだがなんとか手持ちのiPod touchで検証などをごまかし、(オフィスに検証機のスマホがあるのだがなんとなく面倒で使わない)破損したP9はバックの中に隠した。

そして少しだけ早引けし、銀座へ向かった。
Huaweiは都内だと銀座にサービスカウンターがあり、simフリー端末のメーカーとしては即日対応出来るというのはかなり珍しいらしい。

www.orefolder.net

実際、19時から窓口対応だつたがその後45分後にはディスプレイ修理され受取完了。
費用は16,000円(税抜)でした。
対応してくれたスタッフの方たちもとても感じ良し。

とりあえず感動した。16,000円ですんで良かった…。
っていうか、こういう時の「良かった~」って感覚は元々壊さなければ良いのですごく間違ってると思う。

次回のランニングからはiPod touchでのアプリ使用に戻そう。
イマイチ使いどころがわからなくなってきたiPod touchも存在意義を持てるし、以前にもランニングして家の鍵をなくしたこともあるので、不要なものを持ち歩かないようにしたいと思います。

それから、池上彰藤原ヒロシが映画「スノーデン」を推していたので公開されたら観に行こうかと思う。

www.snowden-movie.jp

僕の周りの少子化問題について

僕は30代半ばで結婚したのだが、適当なタイミングで子供が産まれた。僕の今の日々は「子どもが中心」であり、僕は自分の子どもが好きだ。大変なことも増えたが、日に日に成長していく我が子は超カワイイし、今後が楽しみ、面白い。産まれてくれてサンキューである。

そしてそろそろ40歳が見えてくる段階に入った。40歳になる時には20代から30歳になる時に感じた「年を取るということに抵抗できない感」がその時より今後激しく感じるんだろうか。

先輩男性に言われた「男は30歳が成人式だよね」というお言葉が結構腑に落ちていて、なんなく20代と30代は地続きっぽくないかい。そして40代は50代と「友達」というか「カテゴリー」近そうだし、もう40歳を超えればもう「どこに出してもおかしくないオッサン、オバサン」。親戚でもなければ、僕らは女子高生と話すことはまずない。痴漢だと思われて捕まるかもしれない。

運動も節制もしていないため、身体は日々だらしなくなり、風邪を引いても長い間治らなくなり「オッサン完全体」として完成間近になった妙齢な僕は最近気付いたことがある。

同世代の男友達の中で「子持ち」である僕が完全に少数派になったという事実に気付いた。

「うそ~ん。よく聞く話だと『周りが子供がいて取り残されている』『子供がいる知人から心ない事を言われる』とかじゃなく?(ほぼTVとインターネット検索の浅い見識) 」と結構びっくりしている。全然予想してなかった…。これが普通なのか…。それとも異常なのか…。とりあえずGoogle検索しても自分と同じ焦りを感じているページは見当たらなかった。うむむ。なぜだ…。

*1

よく聞く話だと「経済的に余裕がない」という理由で子供を作らない説をたまに聞くが…。今でも相変わらず貧乏している友人いるが、その場合まず結婚していないことが多い。既婚者組は2馬力で働き悠々自適に酒を飲んでいる。毎日の昼ご飯をイオングループのスーパーマーケットこと「まいばすけっと」でやりくりしている僕よりもよっぽどお金を思っていそうだし、そこまで極端な貧しさはなさそうな連中なのである。うだつの上がらない奴ばかりだが、特別不幸な境遇で育った輩も少ないし。

確かに子供にかかる費用を考えると「今後どのくらいお金がかかるのだろうか」と僕自身も不安になることは多いのだが、「経済的な効率が悪い」という理由で子供を諦めるというのはとってもドライな感じも否めない。そして「子どもにかかるお金の問題」は産まれてからであり、よっぽどの収入がない限り「子育てが大変」なのは多くの家庭で差はない模様。好景気にだったバブル期に出生率が増えたかというと否。どいうやら景気とはリンクしていないようである。

では、「中々子供が出来ない≒不妊」問題になのだろうか。確かに周りの友人で「不妊」で諦めた夫婦は何組もいる。不妊治療は「お金もかかる」「精神的に辛い」と聞くし、不妊の結果、出産を諦める気持ちは想像以上(僕自身「自然妊娠」以外の受精に対して妻から説明をされた際に「そこまでしなければならないのかなぁ」と少し抵抗感を感じた事があった。色々なことを感じるのではないかと想定している)

また、不妊で子供を諦めた友人の「子供の写真で年賀状送られると軽い殺意を感じる」という言葉を思い出した。本当に欲しかったから辛いし、苦しいのは当然。しかしながら、「小さな子どもがいる家庭」は生活のメインは「子ども」になってしまうため、年賀状も子どもの写真になってしまう、というかそんなもんなんですよ。申し訳ないが…。

しかしながら、僕の周りが「不妊の夫婦」ばかりで子どもが居ないとは考えづらい。というか本当にそうだったら悲しすぎるのだが…。僕の周りの夫婦たちから、そういった「本気」であったり「悲しみ」と言ったらよいのだろうか、そういった空気を感じないのよね。

恐らく僕の周りの夫婦は「どっちかと言ったら『子どもは欲しい』」という人たちとなんだろう。だが彼らは「まだ、もうちょっと先でいいや。」と考えているのだろう。普通に生きているだけでも最低限の情報は入ってくるので「高齢出産」などにおける「出生に関する可能性の低下・リスク」も勿論聞いているだろう。しかしながら「まだ、いいや。」

「老年の悲劇は老いているところにはなく、まだ若いと思うところにある。 byオスカー・ワイルド

「自分の事を『まだ若い』と思っている」からであろう。「実年齢より、若いと言われる」ことを真に受け(「若い」と「幼い」は紙一重)、20代の若者と同じように「流行りのスニーカー」を履き、いつものようにスラングを口にし、漫画やレコードも欲しいだけだけ買い、夜中からの呼び出しにも反応して酒を飲みに駆けつける。今までしてきたことを普通に続けている。(「継続する」ということは誰もが出来ることではないのである意味すごい)特別深い事は考えていないんだろう。ただただ、生活を変えず楽しみたい。親になったことで自由などなくなった僕は、彼らの気持ちはよくわかる。

僕の周りの友人には子どもはもう産まれないと思う。僕は友人にこの件を期待しないようにしたい。40歳近くのいい大人に「結婚」や「出産」変化を求めるのは一親等くらいじゃないと「野暮」になってしまう時代なのかもしれない。

僕は自分達の子どもの世代が「1人の現役が、たくさんの老人を支えなければならない未来」を問題視し、日本経済を憂うためにこの文は書いてはいないし、(無論、子どもたちの将来を考えると不安だが。)また「子どもが老後の面倒を見てくれる」ことを望んでいるわけではない。

ただ「明日、子供連れて行くから、君の子どもとうちの子で一緒に遊ぼうよ」という妻が彼女の友人としている普通の事を僕もしてみたいとは思う。
そういった友人を作るには…。育児に時間取られている状況で新しい友人作るチャンスは皆無。「転職」で環境を大きく変えるとかしかないんじゃないだろうか…。そしてどうも2人目を授かったようなので、友人との状況の乖離が進むんじゃないかと悶々としている。友達と共感できないって結構しんどい。

 

【参考記事】



*1:※この日記は自分の周りにいる「同世代で現在も定期的に付き合いのある既婚者の友人」対象としている。そして僕は「子供がいる夫婦が正解」といった考えは持っていない。人それぞれの生き方があって良いと思っている。ちなみに未婚者に関しては「無限の可能性(ほぼ性的な意味)」と前向きとも捉えている。

TV観てて思ったこと

今月頭に録画した「ものまねグランプリ日本テレビ)」を観てみた。

日テレのものまね番組って今まで見たことがなかったのだけど、「ものまねレジェンド」として(昔のフジの「ものまね王座決定戦」で言う「ものまね四天王」的なポジションの人数が増えた感じ?)コロッケ、ホリが出ていると聞き、観たのだがなんというか「ぬるい感じの空気感」というのだろうか、全然乗りきれなかった。

その中でも名前の知らないものまねの人だったのだけど、唯一ハマったのが堂本剛さんのものまねの方。(むらせというTOKIO松岡さんのものまねをする人に混じって出ていた。)

f:id:adult-ok:20160422231939j:plain

「雨のメロディ」というKinKi Kidsの名曲に乗せて出てきた誇張された「出落ちぽっちゃり感」が悪意があってイイ。ものまねする側が「本人からクレームが来るんじゃないか」という覚悟の上でやるものまねは時に人を魅了する。

 

僕としては敬愛するホリにはまたキムタクでガンガンせめて欲しいんだけどなぁ。

 

僕はTVっ子として育ってきた世代なので「民法TVはもうつまらない」と言う気はさらさらない。確かに「表現の規制」は厳しくなってしまったが(これはTVだけではないし)探せば優れた番組は沢山あると思っている。

 

話は飛んでしまうのだが、通常のTVを観ていると食傷気味になることは少なくなく、「カルチャーよりの映像を見たい」と思う心は昔MTVを観たかった頃と変わらない。

昨年度の話題の映画「MADMAX」が配信されて、「1ヶ月は無料」ということで遅ればせながら「Netflix」を試してみたんだけど、独自っぽいラインナップがあり、結構イイ。

 

【ビーツ、ライムズ・アンド・ライフ ~ア・トライブ・コールド・クエストの旅~】

f:id:adult-ok:20160425213910j:plain

※よく見えない画面キャプチャで恐縮なのだが舞台裏でQ-Tipとファイフ

先月、ファイフ・ドーグが亡くなってしまったこともあり、いい加減見ようと思ってたドキュメンタリーが配信されていた。ATCQの成り立ちは勿論、後半は解散から2010年のサマソニの頃までのQ-Tipとファイフの愛憎関係を観ることが可能。「ああ、もうファイフはいないのよね…。」と改めて実感した。
(この作品でATCQはもう一枚アルバムリリースする契約があるとのことなのだが、どうなるのだろう。「THE LOVE MOVEMENT」が発表されてから、今年で18年が経った…。)

【PLANB:true】

f:id:adult-ok:20160425213818j:plain
※デッキ大破の1秒前。飛ぶよね~。

スケーターブランドによる作品。出演者がなんか生き生きしている作品。完全に自分の趣味・趣向ですが。

音楽やストリートカルチャー寄りの映像作品はなかなか見る機会が限られてしまうのでこの配信には感謝!もっとこのような配信が増えてくれれば、月額1000円は喜んで払いたいけど、どんなんだろう。とりあえず期待。

学園祭に一瞬だけいた男

大学生の時に自分の大学の学園祭に行ったときの話。

自分の中では「黒歴史」としているのだが、当時の僕は「テニスサークル」に所属しており、だいぶ前から嫌気が指しているんだけど抜けれてないという状況で、学園祭にサークルが出す出店の準備のため、学園祭が始まる少し前に学校の正門の前を通りかかった。

 

今思うと「早すぎたスポンジボブのような奴が立っていた。

f:id:adult-ok:20160407234719g:plain

段ボールから手と素足が出ている。一瞬でその下は素っ裸なんだろうなと容易にわかった。

段ボールから出た顔の上には「ちこ屋」とだけ書かれており、全面の腰の辺りには鳩時計で鳩が出てきそうな小窓がついていた。

 

恐る恐る「あの『ちこ屋』ってことは…」と声をかけると、ちこ屋は「良かったら覗いていってください!」と爽やかに答えた。

 

「いいの…?」と念のため再度確認をすると
「ち●こ屋っすから!」とちこ屋はとびきりの笑顔で答えてくれた。な前田慶次みたいに爽やかな奴だった。

 

小窓を覗くと僕のものと似たり寄ったりの特別大きくもない一物がだらりとぶら下がっていた。僕は朝から笑顔になった。

 

その後、友人に「すごい奴が朝正門の所にいた」と話したがちこ屋を見かけたという人に会うことはなかった。

 

仕事をするようになり、広告業界の片隅で僕は働くようになり、多少なりともエンターテイメント的な事柄に携わったりすることがあるのだが「人を笑わす」ということは非常に難しいと感じることが多く、その度「ちこ屋」のことを思い出す…。わけはない。

 

しかしながら「一日の間に何かしらアウトプットしよう」と試しに付箋に絵を描いてみたら、こいつを描いてしまったのでそんなことを思いだしました。

 

学生の頃って変な奴いっぱいいたけど、みんな元気かなぁ。