TV観てて思ったこと

今月頭に録画した「ものまねグランプリ日本テレビ)」を観てみた。

日テレのものまね番組って今まで見たことがなかったのだけど、「ものまねレジェンド」として(昔のフジの「ものまね王座決定戦」で言う「ものまね四天王」的なポジションの人数が増えた感じ?)コロッケ、ホリが出ていると聞き、観たのだがなんというか「ぬるい感じの空気感」というのだろうか、全然乗りきれなかった。

その中でも名前の知らないものまねの人だったのだけど、唯一ハマったのが堂本剛さんのものまねの方。(むらせというTOKIO松岡さんのものまねをする人に混じって出ていた。)

f:id:adult-ok:20160422231939j:plain

「雨のメロディ」というKinKi Kidsの名曲に乗せて出てきた誇張された「出落ちぽっちゃり感」が悪意があってイイ。ものまねする側が「本人からクレームが来るんじゃないか」という覚悟の上でやるものまねは時に人を魅了する。

 

僕としては敬愛するホリにはまたキムタクでガンガンせめて欲しいんだけどなぁ。

 

僕はTVっ子として育ってきた世代なので「民法TVはもうつまらない」と言う気はさらさらない。確かに「表現の規制」は厳しくなってしまったが(これはTVだけではないし)探せば優れた番組は沢山あると思っている。

 

話は飛んでしまうのだが、通常のTVを観ていると食傷気味になることは少なくなく、「カルチャーよりの映像を見たい」と思う心は昔MTVを観たかった頃と変わらない。

昨年度の話題の映画「MADMAX」が配信されて、「1ヶ月は無料」ということで遅ればせながら「Netflix」を試してみたんだけど、独自っぽいラインナップがあり、結構イイ。

 

【ビーツ、ライムズ・アンド・ライフ ~ア・トライブ・コールド・クエストの旅~】

f:id:adult-ok:20160425213910j:plain

※よく見えない画面キャプチャで恐縮なのだが舞台裏でQ-Tipとファイフ

先月、ファイフ・ドーグが亡くなってしまったこともあり、いい加減見ようと思ってたドキュメンタリーが配信されていた。ATCQの成り立ちは勿論、後半は解散から2010年のサマソニの頃までのQ-Tipとファイフの愛憎関係を観ることが可能。「ああ、もうファイフはいないのよね…。」と改めて実感した。
(この作品でATCQはもう一枚アルバムリリースする契約があるとのことなのだが、どうなるのだろう。「THE LOVE MOVEMENT」が発表されてから、今年で18年が経った…。)

【PLANB:true】

f:id:adult-ok:20160425213818j:plain
※デッキ大破の1秒前。飛ぶよね~。

スケーターブランドによる作品。出演者がなんか生き生きしている作品。完全に自分の趣味・趣向ですが。

音楽やストリートカルチャー寄りの映像作品はなかなか見る機会が限られてしまうのでこの配信には感謝!もっとこのような配信が増えてくれれば、月額1000円は喜んで払いたいけど、どんなんだろう。とりあえず期待。